The end of July〜原点へ〜

どうも、Rikiya The Powerです。

前回の特別記事から少し空いてしまった…
っていうか土曜日すら過ぎてるし笑
(ごめんなさい!!)

さて、これまでの僕は、投資家マルコメ氏と実業家ヒッピー氏を中心としたプロジェクトのお手伝いをしてきた。
主にやってたことは、SNSの運営代行。
2つのInstagramアカウントのコンテンツを作成し、2日に1個のペースで投稿してきた。
Twitterアカウントの1つも管理していた。
これらの全てにおいて、フォロー回り、いいね回り、フォロワー純増数の管理、業務報告は毎日欠かさず行った。
最終的には、時計コンテンツのテーマも僕が決め、人物の選定も行っていた。
開始から再びカフェに呼ばれるまで、1日もオフはとらなかった(とれなかったとも言う笑)。
その間も色んな人と会ったりしていたので、1日中何かしら仕事関係のことをしていた。
結果、デイトラ等の勉強には1分も割く時間がなくなり、だんだんと本末転倒になってきていた。

まあ、僕の作業効率が悪かったことは否定できない。
後でヒッピー氏と話して分かったことだけど、僕がかけていた1/3くらいの時間でできるものと想定していたらしい。
(与えられた情報が曖昧なことも度々あったので、作成ではなく下調べにかなりの時間を費やしていた。)

ようやく良い感じに回せるようになってきたと思えた、月末付近。
マルコメ氏とヒッピー氏に呼ばれ、都内のカフェへ。
7月分としていただいた報酬は、11万円であった。
実は、過去記事でお伝えしていた「最低金額」が10万円だった。
+1万円は、足代として添えてくださったもの。
報酬は労働時間に対する対価ではないので、特に文句を言うつもりもない。

で、打ち合わせの結果…業務は白紙に戻った
とはいえ、この時は打ち切りってことではなかった。

8月からは裏方的な業務ではなく、「僕が表に立って、どんどん発信していこう」という流れになったんだ。
各SNSやBlogなどにもっと本格的にとりくみ、「リッキーの認知を増やそうキャンペーン」なるものが始まろうとしていたんだよね。
たしかに、今後の挑戦において僕の認知が増え、影響力を増せば、それだけ応援してくださる人も増える。
最低限の生活費と経費を負担してくださるのであれば、チャンスとさえ思えた。

だけどこれには問題もあって…
一番は僕自身に迷いが生じてしまっていること。
7月当初からあった疑念でもあったんだけど、
これ、何のためにやってる?」ってことが割と多かった。
(僕からももっとコミュニケーションをはかるべきだったけど。)
僕の発信キャンペーンについて言えば、これからもWeb制作やライティングなど、僕のやりたい挑戦を続けられるならうれしい。
だけど、「今のまま認知を増やすこと」に力を入れるイメージがいまいち湧かず、詳細も全然決まらないから、力の入れどころが定まってないままだったんだな。
認知拡大プロジェクトにおけるブランディングというか、発信における長期目標や中期目標もハッキリしてないし、
ゆえに発信の方向性もハッキリと定まっていない、と。
(「これまでのRikiya The Powerの延長線で良い」なら、考えようもあるんだけど。)

7/31の夜時点で、具体的な話し合いの打診さえ行われなかった。
かと言って、こちらからは何とも言い難い状況…。
今日まで連絡を待ち、各SNSへの投稿を続けながら、発信に関する勉強を続けていた。
(この続きは後述する…。)

さて、話は少し変わって、7/26。
僕の元に新しいGRYFFINDORノートが届いた。
「試しにインスタに投稿してみる」チャンスが到来した笑
届いたノートがこちら↓

初代と2代目はゴツいエンブレムの付いた、全く同じノートだったよね。
今回は割とスッキリしたデザインで、名前入り!
(超カッコ良い!!笑)
8月からはこのノートが、僕の新しいBullet Journalさ!
で、インスタには今日までの6日間で計8投稿してるんだけど、ノートネタが最初にして最高のいいね数を獲得してしまった笑

※こちらのノートは、ハリーポッターの専用サイトから購入可能だ!
商品を選び、住所登録などを英語で済ませ、クレジット決済を完了すると、イギリスから輸送されてくる。
価格は輸送費込みで29.9£(GBP)
僕が買ったときは4,962円(165.96円 / 1£ )
初代を購入した頃と比べて、GBPが20円くらい高くなってしまっている!笑
でも、PCやi-phoneとは別に、手書きのノートは最も重要な相棒だからね。
これまでより更に満足度の高いものをゲットできたし、大満足だ!

ところで…
マルコメ氏たちとのプロジェクトについての語りが過去形になっている上、怪しい雲行きであることにお気づきいただけただろうか。
ご名答!僕は自ら辞退を志願し、7/31をもって再びソロプレイヤーとなったのである。
あくまで僕の判断なので、地面スレスレまで下手に出ての辞退を申し出た。
時間にして20時前。その後すぐにグループを抜けたが、その後一切個人LINEも来ないあたり、「そんなもんだったんだな」と実感せざるをえない。

周囲の大反対と、僕の中の疑念が合致

ここまで経緯と、考えをまとめておこう。
この後、今後のことも書かせていただくぞ!

まず、7/26(火)にお2人と会った2日後、先の草案が来た。
色々と経費をかけてくれる上で、僕の発信を後押ししてくださろうとしていた。
だから、僕的には一見チャンスにも思えたわけだ。
でも、よく考えてみると「彼らにとってのメリット」は何もない。
僕が影響力をつけることができた先で、彼らの宣伝に利用できるかもしれない。
それにしても、そこまでする理由が見当たらないのだ。
(どういうつもりだったとしても、コミュニケーションが少なすぎる…。
根本的な不信感の理由はここにもある。)

そもそも彼らが忙しいことは承知しているつもりだったが、それにしても放っておかれすぎだと思う。
彼らのニーズに見合う価値を提供できないことは認めるけども、
「10万円のためにしがみつく」理由はない。
お互い、時間の無駄ですらある。
僕をどう扱うか、彼らも困っていたことだろう。
察しの良い僕だ、自ら身を引いたのさ。

いや、単なる憶測だけじゃないさ。
しばらく一緒に仕事をしてきて、彼らの色んなやりとりを目にしてきた。
特にマルコメ氏は、ビジネスに関するレスは基本的に速いし、評価にはシビアだ。
他の業務のグループでは、頻繁にコミュケーションが行われていた。
だが、僕の8月からの動きについては、前日の夜になっても音沙汰なしだ。
言葉ではどう言ったところで、現状の僕は、用無し扱いされてるようなものだった。

自分のやりたいことを傍に置いて、やったことないことまで、自力で調べてこなした。
何を差し置いても最優先で仕事してきたのに、コミッションが1円たりともなかったことは少々不満だ。
「10万円の価値もない仕事」とみなされたなら仕方ない。
確かに時給や労働量での契約はしてないのだから。
というより、最初からコミッションの条件なんて言われてない上に、契約書すら交わしてないまま仕事をさせられていた。
少なくとも、相応のケアはほしかったかな。

いや、10万円+足代1万円をもらえただけ、ありがたいと思った方が良いだろう。
もはやバイトしながら勉強してた方がよっぽどマシなのは言うまでもないが、彼らは「約束は守った」のだ。

ま、これ以上はただの愚痴に感じてしまうだろうから、やめておこう。
いずれにしても、見栄を張ってフリーランス風の操り人形を続けるくらいなら、本当にフリーになってやると思ったのさ。
それでこそ、皆が見たいRikiya The Powerじゃないかい?
僕自身も、そうでありたいと思う。

この先の展望

そんなもん…分かるかい!!
(いや、急に開き直るな…笑。)
と言いつつ、改めてどうするつもりなのか記してみよう。

①デイトラ再開
ま、当然だね!「The Power Projectとは何だったのか」って話だ笑。
僕にはやりたいことが沢山あるし、夢も沢山ある。
だからまずは「例え1人でも、どこでも、好きな時に働けて、今より稼げる」を実現する必要がある。
そんな理想と、今後の可能性が合致したからこそ、web制作を学びはじめた。
その先にあるのが、かつて『The Power Projectで実現する未来』で綴った、理想の一部なんだ。
WebライティングおよびSEO、マーケティングは引き続き学ぶ必要があるけど、
何につけても、1日1回は必ずデイトラに触れるようにする!
完全制覇、卒業までは必ずやり遂げてみせる。

②仮想通貨投資の継続
GMOコインにて口座を開設してから、すでに15,000円の入金を済ませている。
イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)に分散しており、
ここ2,3日で時価総額が15,000円を越えてきた。
とはいえ、ここから上がろうと下がろうと、特に何かをするつもりはない。
よほど大きく価格が上昇するようなら一旦売却し、その時点で下がっている通貨を最低15,000円分以上まで買い増すだろう。

③SNS×Blogも引き続き
発信なくしてRikiya The Powerの活動なし笑
もちろん、続けますとも!

④仕事はどうする?
一応
持病の悪化で前職サンクチュアリを辞めている以上、前職の繰り返しみたいな働き方は避けないとな。
・フルリモートで働ける、スキルや経験を活かせる仕事があれば、それが一番
だけど、「信頼できる誰かと一緒に働く」等であれば、毎日でも働ける。
実際、ヒッピー氏たちとの仕事は、1日も休まずに仕事できてたしな笑。
カフェで仕事しようがリビングで仕事しようが自由だったことも大きいね。
・僕のトークや説得力、信頼構築に関するコンサルを受けてみたいという需要があるらしい。
セミナーでも良いとのこと。
人と話すことは好きだし、今や特技ですらある。
事実、コミュニケーションアドバイザーとしてのセミナー登壇経験もある。
今なら、苦手意識を感じている人に、確実に伝えられるものがある。
得意なことで、感謝していただきながら仕事ができるなら、喜んでやらせていただこうと思う。

とにかく!!
どうでも良いことのために週5日固定出社、かつ座って黙々とルーティンこなすだけ」みたいなことは極度に厳しい!
忙しくても、労組時間が長くても、やりがいと生きていける報酬さえいただけるなら、どんだけでもやれる。
いずれにせよ要検討だね。
8月中旬くらいまでは情報収集をしながら、周囲と話し合いながら、じっくり考えよう。

それでも僕は〜終わりに〜

上手く伝えきれない部分もあって、なんだかもどかしい気もする。
少なくとも分かっていただきたいことは、マルコメ氏やヒッピー氏に、感情的に怒ったりはしていないということ。
また、僕自身が全く腐ってないということだ。
(アンチの皆さんが残念がるほど燃えてるぜ?笑)
色んな経験をさせてもらったおかげで、こういう状況になっても、先を描きやすくなっている。
ありがたいぜ、本当に。

自分自身が腐らない限り、生きている限り、必ずその先の未来がある。
その未来を「どう切り開いてやろうかな笑」なんて考えてる時間も、楽しいよな。
今あるもの、今そばにいてくれる人に感謝しながら、最大限に活かす。
そうやって僕たち挑戦者は進んでいく。
そうだろう?
(って、まるで全てを失ったかの様な大袈裟な表現だな笑)

ところで、僕は今年の5月で28歳になってしまったよね。
17歳のころから「本当の人生は30歳からだ笑」とか言ってたんだけど、いよいよ現実味を帯びてきやがった!笑
30歳になった僕は、「人生で一番カッコ良い自分」でありたい。
当然、その先の40歳目前でも、同じことを言っている。
そうであるために、明日からもまた、本気で挑戦し続ける僕でいようと思う。

というわけで、色んなことが立て続けに起こり、久しぶりに少し長引いてしまった笑
それでもここまで読んでくれたあなたに、心から、ありがとう!
こんな馬鹿野郎をずっと応援し続けてくれているあなたには、感謝してもし切れない。
だから僕は、僕自身の戦いに負ける訳にはいかないんだ。

これからも僕は、Rikiya The Powerであり続ける。
挑戦者諸君!これからも一緒に頑張ろう!

では、また会おう!

〜To be continued〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。