Surprising Birthday〜Amazonをも動かすプロD達?〜

どうも、Rikiya The Powerです。

The Power Blogの土曜日がやってきた!
と言いたかったのだが、なかなか約束通りに更新とはいかないもんだな笑
寝る前だが、日を跨いで日曜日じゃねーか!!
くっそー!本当に申し訳ないぜ!!

言い訳していいわけ?ってのをわきに置いて言い訳させていただくと、拙者は「土曜日になると午後まで寝てしまう病」に罹患してしまったらしい…。
おかげで常に盛大な支障が出ている!
こうして、土曜日中にブログの更新にすら間に合わなかったしな!笑
(ま、読者は既に聞き飽きた言い訳だわな笑「これが毎週放送のテレビ番組、週刊誌だったら大事故だぞ!?本当にわかってんのかね、Rikiyaさんよ??」)

100%そうなるってわけでもないんだ。
いつも通りアラームは聞こえてるし、自分で止めてる覚えもある。
(Bullet Journalという名の記録は嘘をつかない…。)
記録によると、土曜日に限って布団で横になったままアラームを止め、そのまま一瞬目を閉じるクセがあるらしい。しかも、覚えてるだけで4度寝はしてるんじゃないかってくらい何度も目を覚ます笑
「…ヤバい!」と思って飛び起きたときには…午後ですよと。

※平日は仕事の準備のため、起き上がってからアラームを止めるから2度寝することはない!
日曜日は、土曜に失敗している影響で即飛び起きることが多い。

厄介なことに、沢山寝たらその分疲れが取れるほど人体は単純じゃない。
寝過ぎた分余計に疲れるし、頭もボーッとすのが通常で、僕にいたっては起きて早々イライラする。
(普段はショートスリーパーな僕だけど、そうでなくとも合計12時間を超えるのはちょっとな…笑)
バカバカしいぜぇ!!
来週からは平日同様のやり方で見事に起きてみせるわ!
(結果は来週のお楽しみ笑)

話は変わって5/17日(火)、ついに28歳になった!
「1年越しの再起計画」のリミットが、ピッタリ1年後になった瞬間だな。
当日はLINE, FaceBook, Twitterを通して、人生で一番多くお祝いメッセージが届いた笑。
家族、友人をはじめ、尊敬すべきお世話になっている方々からも沢山のメッセージをいただいた。
また、僕が初代アシスタントの1人をしていた某アーティストもお祝いしてくれたぜ笑。
やっぱこういうのはうれしいもんだ!!
(皆さん、ありがとうございました!)
それから、28歳になって初めて、両親に言われる「誕生日おめでとう」の深さに気づいた。
「そうか…この日、この2人の子として生まれてきたのか…」などと実感し、感謝すると共に、祖父母や親戚陣の血のつながりに思いを馳せる。
人が命をつないでいくリレーの偉大さを感じたね。

実はこの日、トラブルと驚きのミラクルが重なった!
(タイトル回収は、本編で!)

さて、先々週の中盤からサンクチュアリにおけるOJTが本格化。
本編で登場する2人の上司から日々ご教授いただきつつ、教わったことは少しづつ独り立ちし、また別の仕事を覚えていく。
全体像は見えてきたけど、教えてもらったばかりゆえ、どうしても作業的な細部でつまづく。
完全独り立ちまでの道のりはもう少しかかりそうだ笑。

また、デイトラも欠かさず毎日手を付けることができている。
先週より合計時間も伸び、個人戦は優勝だ笑
そしてついに…中級の最終課題を終わらせた!!
しかし…。

さ、前座はこれくらいにして、力の物語の幕開けといこう!

動きを完全に読まれていた…?Amazonギフト券をめぐる奇跡!

これは、誕生日を境に起こったミラクルのお話。

僕は汗かきな上に敏感肌だ。
今でこそ肌荒れは解消され、見られても隠さなくて良い状態になった。
だけど、5年前くらいまではアレルギーの影響もあって、顔から肩周りまで18禁級の肌荒れに苦しんできた。
(受付に立つ仕事だったこともあって、わざわざメンズ用のコンシーラー使ったり、高い化粧水使ったりとか、それはそれは大変だったぜ笑)
フリーで活動していたときは仕事の場所を選ばず時間も選べたし、マスクをしなくても良いから全く問題なかった(余計なストレスも少ないしな笑)。だけど、今は平日働きマンとして再び通勤ラッシュに揉まれる生活になった。
拘束時間は長いし、職場も決して近くはない。
夏も近づいてきて、ワイシャツというだけで暑いし、汗もかく。
こうなると、僕はCurelのスキンケアシート(花王)が手放せなくなる。

市販で売ってるモノの中では最高峰に素晴らしいんだけど、お値段も最高峰なのよね…(10枚入りで330円(税込み)て!笑)。
他社商品だとどうしてもヒリヒリしたり、余計な匂いがついてたり、むしろ肌が荒れてしまうことが多い…。
Curelのスキンケアシートのおかげで、汗や肌トラブルのストレスをかなり抑えられているので、本当に重宝している。

さて、誕生日のお昼休み、ついに国保を除く各支払いをトントンに戻すことができた!
隙を見つけては電話、支払い日時の確約、実際に振込…を繰り返してきた。
「誕生日なのでちょっと勘弁してくれません?」ってわけにはいかないからな笑
淡々と、毎日スマホが鳴り続ける状況を打破すべく動いた。
15日、ようやく振り込まれた、数日分の汗と涙の結晶。
「働いて稼いだんだな…」などと感慨に浸っていられたのも束の間…嘘みたいにパッ!っと消えてしまった笑
(It’s magic!)

ここで、Curelのスキンケアシートが残りわずか5枚…。
普段は1ヶ月に1〜2回、3パック(30枚)ずつ購入するけど、1,000円の出費すら激痛が走るタイミングで切れるのはまずい!笑
悲劇は更に重なる。
同じ日の朝、乗り換えの東京駅の階段でつまづいてしまう。
初めてのことだった。だがその1発で、革靴のアウトソールが半分剥がれる大惨事!
歩くたびにソールがパカパカと浮いてるではないか…(ダッサ笑)。
買って間もない黒い革靴が、一瞬で仏になってしまった。

Bad Timing!
せめて月末なら何とかなったかもしれないものを!
だが、来月まではギリギリの生活。
今革靴を買ってしまうと、次の支払いまでにいらぬ不安感を持つ羽目になるかもしれない。

だが、このピンチを救ってくれた者たちが現れる…。
それは、何も知らないはずのプロデューサーM, J4CK1Eさん、友人Fであった。
お3方から、誕生日プレゼントとしてAmazonのギフト券が届いたのだ…。
総額7,000円。
Amazonでスキンケアシートと革靴、その他消耗品をカートに入れる。
お会計金額を見たら、なんと…6,998円!!
しかもそれが、明日(日曜)に届くらしい!!

こんなことがありえるんか⁉️笑
こりゃ、プロデューサーMたちが僕を監視し、次の仕事までに間に合う様に細工したに違ぇねぇ!
(ハグリットの「誰かが細工したに違ぇねぇ!」みたいな笑)

冗談はさておきだな…誕生日プレゼントとしてAmazonギフト券をいただいただけでも、すごくうれしい。
だけど、こんなにも的確にニーズに応えまくる贈り物って中々ないと思うんだな。
もちろん、わざわざ人様に迷惑をかけるなんてことがあっちゃいけない。
でも、困ってるときに人から手を差し伸べてもらえるありがたみを味わえたぜ…。

その節はありがとうございました!!

20年後の上戸彩みたいな顔したスレンダーな美魔女が…

僕の上司だ笑。
(し…失礼なニュアンスは含まれとらんぞ!!)

女性の平均身長を考慮すれば、背が高い。
大変穏やかで、声がちっちゃい笑
そんな上戸彩さん似のクールビューティを、ここでは上戸氏と呼ぶことにする笑。

上戸氏は担当クライアントのリーダーであるゆえ、細かいことを気になさることもあるが…とても優しい。
仕事を分かりやすく(時に、マニュアルを読んだ方が分かりやすいくらい細かく笑)丁寧に教えてくださる。
上戸氏の見習うべきスキルの1つ…それは「ものの頼み方」だろう。
あと、マッハ5くらいのタイピングスピード笑。

※マッハ5ってウルトラマンが空を飛んでるときのスピードなのね。
音速の5倍だぜ?笑
ちなみにウルトラセヴンはマッハ7で飛ぶぞ!…。

で、例えば月次の仕事で1000枚近く請求書を発行したりする。
大量の請求書と手紙を折って封筒に入れる作業のお手伝いをお願いされるわけなんだが…
非常〜に申し訳なさそうに頼んでくる姿を見て、誰が断れようか!笑
(まあ、業務の範囲内なんだから断らないけど!ってそういうことじゃないわ!)

さて、ここでもう一方の登場だ。
僕と上戸氏の中間的立場にあたる先輩スタッフがいらっしゃる。
ボディは大きめだが、声の小さな(だが笑い声は大きい)、お笑い芸人のはるなさん似の先輩だ。
というわけで、はるな氏と呼ぶことにする笑。

※ちなみに、僕の着任当初にハイパー放置プレイになっていたのは、月末の忙しさに加えてはるな氏がしばらく病欠していたからだ。はるな氏が復帰してからというもの、このお2方にスムーズに教えていただける様になり、僕の日々の業務が徐々に忙しさを増していく笑。

知れば知るほど、(どこの大手企業でもあるあるの)圧倒的ムダに沢山遭遇する。
僕の面談担当をしてくださったイケメン課長は「遠慮なく意見を…」とおっしゃっていたけども、明らかに「まだそのときではない」わな。
担当業務を一通り覚え、上戸氏とはるな氏から一目置かれる様になってから、本領発揮といこうではないか(SV時代の頃の様に)。
「今日は、昨日よりも良いパフォーマンス」をモットーに、気愛入れてくぜ!

I made it!!!

デイトラ中級、最終課題。
コイツとの長き戦いに、終止符を打ったぜ!!

Rikiya:「これでようやく終わ…」
真のボス:「るとでも思ったか?フハハハ!笑」
少しの達成感のあと、「フッ…奴は我ら四天王の中でも最弱…」みたいなネタを思い出す。
そう…中級課題があくまで中ボスであったことを忘れてはならんのだ…。

次はいよいよ上級突入。
WordPress, PHP, SQLの基本など、ヒッジョ〜〜〜に重要な局面を迎える。
小学校6年生まで算数をシコシコ勉強し、ドヤ顔で卒業した小僧の前に、謎のxとyが立ちはだかる。
あの絶望感は異常だよな笑

※中学で数学を学び始めた頃、僕は1次関数の初手からつまずいて大怪我をしたん…。数学が嫌いで、中3の夏に9点(100点満点)をとった小僧が、センター数学で2年連続200点満点をとったなんて…当時の教師陣は誰1人信じてくれないだろうな…。)

さて、「上級の内容こそが現状のWeb制作界隈で最も需要のある分野だ」と言っても差し支えないだろう。
僕が「独立を早まった」と書いた記事でも、このことについて少し触れたと思う。
ただ、算数から数学へのギャップで挫折していく小僧の様に、ここで挫折していく人も多い模様。
ましてや教科(学ぶこと)は1つじゃないしな笑。
これまでより格段にレベルの上がるPHPだが、それでも開発系言語の中では、初心者に優しいと言われている。
(多少間違ってたり、おかしくても動いてくれちゃうのが主な理由かな。)

しかし!このRikiya The Power…
このWordPress, PHPをちゃんと学びたくてウズウズしまくリーーヌだったのだよ!!
やっっっとここまで来たんだ!!!ウォオオオオ!!!
(やかましいわ!笑)

上級に入ったらどうせ初級〜中級のことをポロポロ忘れるんだろうよ。
でも、それは見越した上で、あえてここまでをいっきに復習する!!
(1から課題を作り直したりはしない笑)
このまま上級に入りたい気持ちをグッとおさえ、しっかり足腰を固めてから上級に進みたいと思う。

中級までの復習をする理由は、中級で陥った最悪の状態が起因している。
それは、(理由はどうあれ)中途半端なレベルのまま2ヶ月以上もWeb制作から離れてしまったことで、手に染み付きかけていた基本的な技術まで忘れてしまっていたこと。
中級の課題に入った当初、カンプを見た時点で「こういう風に書けば再現できるな〜」と方向性がすぐに思い浮かんだ。実際、良い感じにコーディングも進められていた。
ところが…しばらく離れて戻ったら、自分が何をしていたのかさえ、上手く思い出せなかった…。
おかげで、完成までに必要以上の労力を要してしまった。
しかも、回答例を見ても思い出せない手法まであった(もちろん完全初見の内容もあったけど、自分で勉強していた内容まで忘れていたんだ!)

復習という道は、後退ではない。
着実に前進するために必要な過程なのさ。
(初めて初級を復習したときも、初見じゃ気づけない様な超重要な気づきを得られたしな!)

ここで、皆さんに謝罪というか、懺悔しなければならないことがある…。
先述のとおり、記述例を見たことに関してだ。
最終課題なだけあって、「できる様でできない」絶妙〜な技術が盛り込まれまくっとったのね。
基本を本当に理解してるなら、解けるよな?(簡単とは言ってない)」と言わんばかりで、しばらく離れる前の好調な時ですら綺麗には再現しきれなかったと思う。
むむ?この感覚は…難関国立大入試!(分かる人には分かると信じたい。)
残念ながら考えても分からなかったので、8割近くコーディング例を参考に作った…。

でも、ズルをしたとは思ってないぜ?
今後も勉強し、実践していく中で、ちゃんと自分のものにすることが大事だと思うからな。
強い先輩の胸をお借りして、学ばせていただいたのだよ!!(無理やり納得)。

明日からはガンガン復習タイムだ!

注目される一部の有名人と、何者でもない多数の人〜終わりに〜

いつ、どこで読んだか覚えていないけど、「多くの者が、何者でもない世間一般の一人として生涯を終える」という趣旨の文を、何かの本で読んだ。
まあそれは確かにそうだけど、別にそれ自体が悪いってことでもないわな。
今の僕も、客観的に見れば「名も知らぬ青年の1人」だね。
でもむしろ、今は無名で当然であり、その方が良いのさ。

少し掘り下げてみる。
例えば今、Twitterで無益なツイートをすると、少ないフォロワーが更に減っていく。
僕の場合、Web制作の学習過程を発信してることもあって、その界隈の人にフォローされたりリムーブされたりを日々繰り返す。
「有益な情報」を求めてフォローしてくださった方々の期待を裏切ったという意味では、申し訳ない気がしないでもないが…フォロワーの増減を見て感情が動くことはない。
だけど、中にはフォロワーが減るたびに落ち込んでしまう人もいるらしい。

そういうことについて、僕はこう考える。
「いつか、フォローを外した奴とも知らずに、いつの間にか僕を追うことになるさ。」ってね笑。
何年先のことかは分からないし、きっかけはTwitterじゃないかもしれない。
でも、何かをきっかけに、僕が目に留まる日が来ると思ってる。
そのきっかけは何でも良い。いつか、かつて職場でお世話になった方々とか、過去に関わりのあった友人たちにも僕の発信、活動が届く日だって来るさ。
「まさか、あのときのアイツが…!?」となる瞬間が、沢山ある内の小さな楽しみの1つだ笑。
身近な人のレベルでそうなることは、確信してるけどね(とか言って既に忘れ去られてたりしてな笑。ま、それはそれで面白いか笑)。

過去記事で書いた、「握手を求める側ではなく、求められる側になる」という言葉を覚えてるかな?。
あれはネタじゃなく、予言だ。
誤解なき様に言っておくけど、自分を過信しているわけでも、驕ってるわけでもない。
「例え僕が望まなくとも」原理原則としてそうなってしまうってことさ。
どんな理由であれ(意図的なマーケティングも含む)、目立つものは注目を集めるし、力がついてくれば、影響力も増すものさ(意図せず嫌な形で注目を集める危険性もあるけど、やっぱ目立てば注目されてしまうよね…)。

ただ、現段階の僕がムリに注目を集めようとして、姑息なマーケティング手法でフォロワーを増やそうとすることに意味なんてない。
そんなことをしている暇があったら、少しでも多く学んで実践し、少しでもBlogと向き合う方がより良いと思うんだ。その過程で、少しずつ応援してくださる人が増えていくことの方が、はるかに価値あることだよね。今は。
(もちろん、マーケティングや営業の重要性を否定する気は全くない。)

そもそも、世の中に大した価値も提供してない(できない)のに世の中が自分に注目するはずないし、注目させても迷惑なだけじゃんね?(どんなに優れたものでも、自分が興味ないもののCMは迷惑だったするりけど…)。
価値ってのは金銭的価値だけじゃなくて、「面白い」とか「感動」も含まれる。
あなたは、通勤ですれ違うほとんどの道ゆく人はもちろん、毎日会っていたはずの過去のクラスメイトの顔ですらすぐに思い出せなくなっている人がいるはずだ。
だけどあなたに(良くも悪くも)影響を及ぼした人、印象的な人、広い意味での価値を提供してくれた人のことは大抵覚えてるだろう。

直接僕と関わるかどうかは別にしても、僕のProjectが本当の意味で実を結ぶ時、(例え一過性のものであれ)一定数の人が無視できないと思う(それだけ価値あることだと思うから。)
もちろん、勝手に注目を集めることになったつもりが、意図せず「そういうマーケティング」になっている可能性もある。そうなったらそうなったで仕方ない笑

「注目を集めたくて仕方ないのに、注目が集まらない」なんて不満をいだいているなら、注目を集めたい(自分の商品や作品、言葉を届けたい)層が振り向いてくれるくらいのものを自分が提供できるかを疑ってみようぜ。
もしそこに疑いの余地がないと思うなら、本当にマーケティングに問題があるのかもしれない。
どんな素晴らしいモノだって、宣伝方法を間違えれば「素晴らしいモノだ」と認知してもらえない。
だからと言って、売り方ばかり上手くて中身の伴わないゴミを売り込むのは犯罪同然だ笑。
注目されてる人が、何を、どの様に与えているかを考えてみるのも面白い。
そして自分に当てはめてみて、胸に手をあてて、よく考えてみよう。

継続は力也という(りきやじゃないぜ笑)。
しかるべき力のある(付けた)人が認められ、注目され、チャンスを掴んで大成していく。
基本的にはそういう仕組みだと思う。
だけど、方向性を間違えたら不必要な遠回りをするハメになる。
ゴールに辿り着くことさえできないかもしれない。
足し算の達人を目指すのも良いけど、仮に同じ数を足し続けるなら、掛け算を使った方が圧倒的に速い様にね。
僕もまだ旅の途中で、偉そうなことを言う筋合いはないし、まだまだ未熟なことも重々分かってる。
だけど後出しジャンケンは反則。
本当に「前から思ってた」としても、結果論として信じてもらえなくなる可能性があるから、なるべく先に言っておくのさ笑

と…前記事で話していた「幸せの話の続き」ではなくて恐縮だが、今回はこれくらいにしておこう。
僕の持論、仮説が正しいかどうかを今ここで実証することはできないけど…答えは時の流れが導くさ。
僕はただ、自分の信じた道を真っ直ぐ進む。
来週はもっと面白い記事を書けるように精進するぜ!

では、また会おう!


〜To be continued〜

H O M E

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。