前言撤回!?〜次なる方針〜

どうも、Rikiya The Powerです。

少々長めの迷走期間も終わり、ようやく海底から再浮上できた気分だ。
相変わらず「今後やりたい」と強く思う物事は沢山ある。
が、、そのために「今」何ができて、何をすべきなのか。
全然分からなかった、、というより(頭では大体分かっていても、)決められなかった。
いや、安易に分かりやすい選択肢に飛びつくことは、根本的に考えることから逃げていると思う節がある。
自分の価値観と離れすぎることは、自分のためにも避けたかった。
どうせやるにしても、自分なりの最適解を出したかったんだ。

しかーし!
それについて考えてばかりいると、今度は自分に嫌気すらさしてくるんだから困ったもんだ笑
第一、いつまでもボーッと考えている余裕もない。
動くしかない。そんなことも分かっている。
今度は焦りばかりが強くなる。
まったく、すーぐこれだ!悪循環ってやつだぜ?
(良い加減、学ばないとな笑)

色んなことについて考えるが、大抵のことが「お金がないからできない」で保留、あるいは終わる。
いや、物事には優先順位が…とか、もはやそんな次元じゃない笑。
何とも言えない虚しさすらある余韻を残して、またボーッと考え込む。
馬鹿馬鹿しいので、ついに重い腰をあげることにした。
再再再再…再スタートも兼ねて、一旦ガチで職を探す方向に舵を切ったのである。

人材会社との熾烈な(笑)戦い、再び

ときに9/2(金)。
前記事に記した通り、書店の面接を受けた。
採用担当の方は「来週中にお返事します」とおっしゃった。
が、、メール1本すらいただけていない笑
「ったくしょーがねぇな笑、他の書店にでも応募するか…?」と思ったものの、少々ひっかかることがあった。

僕が面接を受けた書店は、羽田空港の中にある店舗の1つ。
幼少から飛行機が好きなこともあるが、僕は羽田空港が好きだ。
空港で働いてみたいとは何度も思った。
しかし思わぬ問題が浮上した。それは、服装規程だ。

思えばどこの書店も、白シャツに黒エプロンのスタッフばかり。
白シャツを持ってないわけじゃないけども、頻繁に着回せるほどは持ち合わせていない。
全部提供していただけるなら大した問題ではなかたったのだが、聞けば白Yシャツは皆さん自前で、貸し出されるのはエプロンのみの店舗がほとんど。
(Yシャツってだけなら10枚くらい持ってるんだけどな〜笑)

で、改めて仕事を探していたところ…
とある航空会社の募集を見つけた。
職場は羽田空港、、。
「これだ!」と思った。
…が、「ご紹介に進める場合のみ〜」というお決まりパターンのおでましだ。
もはや『転職活動のお決まり文句列伝』なるものが存在したら殿堂入り、四天王級だな。
ただ、今回登録した会社の良い点は、My Pageから案件の進捗状況や結果を確認できること。
これなら、連絡がなくても「流れた」という事実を確認できる。
経過についてモヤモヤする必要がないだけ、かなり良心的だね。

話は変わって、転職活動における究極に面倒なことの1つは、登録作業だ。
雇用形態を問わず、人材会社等に登録する際、決して避けては通れない道。
情報として必要だってことくらい分かってるさ。
ただ、あまりにも無駄が多い。少なくとも、改善すべき点であると思う。
とっくに履歴書も職務経歴書も作成してあるのに、わざわざ複雑で細かい専用フォーマット等に入力しなければならない。こちらに何の得があるのかね、、。

前職のサンクチュアリじゃないが、そんなことは社内で勝手にやっていただきたいものだ。
PDFのデータをポンと添付すりゃ1分で済むところを、その専用システムとやらをご用意いただいたおかげで、半日くらいかかる。あげく、入力してあることを再確認するためだけに、電話面談やらで小一時間とられる。
送られてきた書類を元に面談して、そちらさんで必要なことを聞き出し、ついでにまとめる。
そういうことなら、こっちも嫌な気もしないからさ!
(お手製の経歴書を作るのだって、けっこう時間かかるんだぞ、、。)

まあ社内システムとやらがあって、それに紐づいた求人情報を飛ばしたりしやすくなってたりするんでしょ?
想像に難くねぇぜそれくらい。
で、どうせ別途Excelだの社内システムだの、わざわざ別の媒体にまとめ直したりしてんだ。
想像に難くねぇぜ、、それくらい、、。

もうやめようぜ、おたげぇにいてぇ思いすんのはよぉ〜。
おめぇさん達も、無駄なことして残業代で稼ぐようなふてぇ真似しねぇで、もっと自分らの価値を高めるために動いたらどうなんでい…。
(なに?会社のルール?上の指示?そうかい…そら仕方ねぇ…。)

などと言ったところで!!
それこそ仕方ないんだよ!!!!

前記事で、自分で言ったじゃないか!
「自分の望むやり方、得たいものはThe Power Projectを通して実現する」ってよ!
あらゆる不満を押し殺してでも、ルールの上で戦うしかない。
得たもの、既にあるものを糧に、刻んでいくのみ。

とか何とか言ってますけど〜終わりに〜

自分は自分で、腕を磨き続ければ良いだけなんだ。

現時点での僕がどの程度のスキルだろうが、どの程度の学力だろうが、そんなことは大して重要ではない。
「現時点での僕が、いかに優秀か」みたいなことを証明しようとしたところで、何の意味も、価値もない。
過去からどう過ごしてきたのかの集大成が、答えが、今の僕であるだけだ。
それらから何を見出すのかは、今の自分にかかってるわけだが…?
生まれつきの天才でもなければ、圧倒的な芸術的センスに恵まれているわけでもない。
今ある自分は、ただ鍛え、教わってきた結果の産物だ。

さて、生きている限り必ずあるものは未来と、その可能性。
で、大なり小なり、何を目指すのかが将来を左右する。
それはどう考え、どう生きるのか、その指針となるものだ。
そのために何が必要で、どんなことを学ぶ必要がある?
もちろん何より重要なことは、イメージした未来に近づくべく、実行すること。
行動なきところに、成長もないのだから。

人が「成長する」ということは、能力も性質も考え方も、決まり切ってはいないということ。
良くも悪くも、人は変わる
より高みを目指すにしても、「変われる」と信じることから、可能性の扉は開かれる。
そうだろう?(そういうセミナーじゃないぜ?笑)

不可能だと言われたり、難しい課題ほど燃えるのが僕だった。
そんな自分が好きだった。
確かに結果が振るわなかった挑戦は沢山あるけど、「見違えるほど」成長してみせたことだって沢山あった。
いつの間にか、目先のお金に困ることが増えたりして、視野狭窄に陥ることも増えていった。
今すぐどうにもできないことにばかり目を向けて、嘆くばかりの日々もあった。

はたして、それはRikiya The Powerのあるべき姿なんだろうか?
そんなはずは…なぁぁあああい!
世を忍ぶ仮の力也ですらそんな奴ではなかった。
なんならもっと自由な発想をし、自分勝手な奴だった。
(いつの間にか勝手に名前負けしてんじゃねーぞバカタレ!)

とまあ、いつもに増して自由すぎる書き殴りっぷりだが…笑
久しぶりにキーボードを打つ手が止まらなかったぜ。
荒ぶってる印象を与えてしまったかもしれないけど、どうか安心してほしい。
今の僕は元気だ!!

なんかゴチャゴチャ言ってるけども、これから心機一転、気愛入れてくぜ!ってことだ。
これからもしばらく、読者のあなたにはお付き合いいただくぞ!!
(このRikiya The Power、あなたの想像の何倍もしぶといんでな…。)

というわけで、今回はこの辺で。
土曜日にはまた更新予定なので、お楽しみに!!
ではまた会おう!

〜To be continued〜

H O M E

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。